自己破産は最終手段です | 明日は我が身!借金が返せなくなった時のための、債務整理のお話

明日は我が身!借金が返せなくなった時のための、債務整理のお話

自己破産は最終手段です

「自己破産は最終手段です」のイメージ画像

自己破産という言葉は、借金をこれまでに一度もしたことがないという人にも有名です。
家庭科などの授業で習うほか、奨学金などの説明会でもしきりに説明されるのがこの自己破産。
債務整理の最終手段として有名な自己破産ですが、その実情はかなりデメリットが多いのです。
自己破産とは何か、そしてその利点と欠点はどのようなものなのかについて、説明していきます。
自己破産は、破産申告書を裁判所に提出して行われます。そうすると免責許可というものを貰えます。
この免責許可というのは、要約すると借金をゼロにしますよ、ということです。
支払い不能になった場合のみにこの手段は可能で、ほとんどの債務から逃れることができるというのが最大のメリットです。
しかしながら、デメリットはかなり大きいです。
間違いなくブラックリスト、破産者名簿に掲載され、後に就く職業にも制限がつきます。
また、財産についても処分され、今あるマイホームや車なども手放さなくてはならなくなります。
また、連帯保証人にたいしては請求が向かう可能性があります。
このように、デメリットがあり、なかなか考え物です。
自己破産はほとんどの債務をゼロにできる強力な手段ですが、最も強力がゆえのデメリットは大きいです。
まさに債務整理の最終手段といえるでしょう。